台風・豪雨・地震等で様々な自然災害の脅威に晒されている日本ですが、万が一の災害対策として、どのような事から
取り込んでいけば良いのでしょうか?自然災害のリスクをゼロにする事は出来ませんが、災害による被害を少しでも
少なくするために、早めの対策は必要!!

災害時に備えて保管するものは何か?


災害時に備蓄しておいた方が良いのは何か?量はどれくらいか?色々テレビなどでも放送されている
事が多くなってきました、その中で家族の人数に対してどれくらい用意した方が良いのか?
必ず保管して置いといた方が良いものは食料や寝具など生活用品は必ずですね!

家族4人分の備蓄量とは

防災のホームページでも一人1日3リットルの飲料水が必要、家族4人なら5日分と想定しても60リットル
2リットルのペットボトル30本と想像しても恐ろしい量の数になりますね
しかも自宅のそんな数を置くスペースが実際には無理であり、半分の15本でも相当な量になりますね
災害用の備蓄品など保管場所を自宅以外の場所に確保しておくといった防災対策がリスク分散にもなり、自宅のスペースを確保
しなくて良い利点もあります

備蓄保管場所としてトランクルームを利用する理由とは?

耐震・防火性能に優れていることから大切にしている思い出の物や大切にしている物など近年、自然災害からのリスクを
少しでも減らす為に、耐震・防火性能に優れた屋内型トランクルームを利用する方が増加傾向にもあります
災害備蓄品だけではなく、自宅に利用頻度が少ない物を保管することで自宅の空間を広く活用したいというお声も多くあります

収納スペースのお困りごと
トランクルームをご利用しているの方の調査をしていると色々なご事情で借りる方がいらしゃいました
特に多くのお話しを頂いた内容です

  1. 災害時に備えた荷物保管場所
  2. 災害時に備えた第2の保管場所
  3. 思い出の品を入れて置きたい
  4. 耐震・防災性能に優れているから
  5. 自宅近くにあって便利だから

この様にトランクルームの利用方法は様々ですが、特に災害時用の備蓄品保管として、思い出の品の保管場所として
ご利用していただければ良さが分かるかと思います

<プラスルーム名古屋香南店 動画>

プラスルーム名古屋香南店>>

 

プラスルーム全国版>>>

プラスルーム名古屋>>>

e-トランク>>>