近年、話題になっているトランクルーム市場、名古屋市内のトランクルームも屋外のコンテナ市場から室内型トランクルームに大きく変化をしています
名古屋市内の住宅市場を見てもマンション比率が高く、収納にお困りの方が多くいられるのではないでしょうか??

トランクルーム名古屋の現状は・・・

名古屋市の人口は約229万人と少しづつではありますが微増で増えている傾向で
名古屋市内の密エリアではマンションやワンルームマンションも多くなっていく傾向にあるかと思います
ワンルームマンションや分譲マンションに住む家族や単身の方には限られたスペースの中での生活が不可欠・・・何か良い改善策は無いかを検証しました

収納スペースのお困りごと

トランクルーム名古屋 屋外コンテナ・室内型トランクルームの比較数

名古屋市内のトランクルーム店舗の8割が屋外型コンテナ・・・・名古屋市内には屋外コンテナが多くみられるかと思います、
室内型トランクルーム名古屋は2割程度とまだまだ認知度が低く、店舗数が少ないのとも1つの原因ですが、ビルインタイプになる為
屋外型コンテナとは違い気づかれるのに時間がかかってしまいます。

トランクルーム名古屋 室内型VS屋外型のメリット・デメリット

ただスペースが広くて、安く借りれるかと言って屋外型コンテナを利用される方も多くいるかと思いますが、1番は大切な動産
を預けるスペース、色々な用途によって利用の仕方を考えてみましょう

屋外型コンテナのメリット・デメリット

メリット

  1. 安くて、スペースが広い
  2. 車が横付けできる
  3. 臭いが有るものでも収納できる(ペンキ)など

デメリット

  1. 夜は暗くて怖い(女性は行きにくい)
  2. 温度調整が出来ない
  3. セキュリティー管理がない(鍵は南京錠)
  4. 敷地内に誰でも入れる

屋内型トランクルームのメリット・デメリット

メリット

  1. 明るい室内 365日・24時間出し入れ自由(室内は明るので女性でも安心)
  2. セコムの入退室管理(契約者のみ入退室可能)
  3. 空調完備(扇風機・換気扇)
  4. 専用駐車スペース完備
  5. 利用用途に合わせて広さを決めれる(0.5帖タイプ~2帖タイプ)

デメリット

  1. コンテナより少し割高
  2. 3帖や4帖タイプのご用意が無い
  3. メインの通りなどに店舗が無い

この様に屋外型コンテナと室内型トランクルームの違いは沢山ありますが、1番どこに重点を置くかは、お客様さまざまですね
少し割高でも空調完備を取るのか、安くて広さだけを重視するなど1度検討をしてみてください

トランクルームの活用方法を教えます

トランクルームには屋外型コンテナと室内型トランクルームの2種類があります、今回は室内型トランクルームの活用方法を参考に
してください。

トランクルームで60個保管

荷物の仕分けは大切

自宅にある荷物・押し入れ内にある物をいかに整理して入れるかが大事です!!
トランクルーム2帖タイプの部屋であれば自宅の6帖一間分はなくなります、通常の方はトランクルームを借りて全て一箇所に入れていますが、ここでの説明では基本的に一気にトランクルームに入れる事は伝えません、プラスルーム名古屋では他社とは違い部屋が小さくなっても貸出単価は変わらず2帖タイプを1部屋借りるのでは無く、1帖タイプを2部屋借りる事で、春・夏用、秋・冬用で最初から分けて入れる事が今後の出し入れが楽にでき、トランクルームに着いてから荷物の場所に迷わず探す必要がないからです

空調付き第2のクローゼット

自宅の収納内、クローゼットには扇風機や換気扇・除湿機などは付いていませんよね、室内型トランクルームを
第2のクローゼットととして、カビが生えてほしくない大切な冬物コートやダウン夏物の洋服など、少し収納内に入れたくない物など
自分だけのオリジナルな空間にしてみてはいかがでしょうか?

トランクルーム名古屋 初期費用とは

トランクルーム名古屋 プラスルームでは名古屋市内全店初期費用無料を開催中
初期費用とは(敷金・事務手数料・鍵交換代などなど)他社より安くご利用いただく為に、借りる金額を更にハードルを下げて
より、多くに方にご利用していただく為にお得なキャンペーンです
プラスルーム名古屋では初期費用0円を実施!!15日をさかいに当月日割・翌月のご利用料金で借りれますのでご安心ください

プラスルーム 全国版>>>

プラスルーム名古屋店舗 一覧>>